Access

緻密な構造設計を心掛け東京周辺で信頼されています

鉄骨造・RC造だけでなく木造建築を含む建築設計全般に対応

現在はコンピューターが日常に益々入り込んでくる、生活の自動化に拍車がかかった時代を迎えております。そうした時代の流れを鑑み、建築設計の業務もいずれ自動化の方向で処理されるようになるのではと予測を立てる方もいるかもしれませんが、構造設計を含む建築デザインの仕事は人間力が必要不可欠であると言われており、人が調整する微妙なバランス感覚が要となっている業務です。そうした職人技が必要とされる建築構造の設計は、今後も熟練の技術者たちがチームを組んで利用者の安全性に配慮しながら業務を進めてまいります。

これまで大手ゼネコンなどの様々な企業様から建築設計の案件をご用命いただく中、東京都台東区東上野に事務所を構えながら緻密な仕上がりにこだわりを持って設計を仕上げてまいりました。そうしたこだわりの作業が評価され、現在はこれまで案件をご用命いただいたお客様から厚い信頼をいただいております。世間的には建築設計を語る際は建物の外観・内観デザインを取り上げている場合がほとんどですが、実際は建物の骨組みも建物の利用者の安全性に配慮されたデザインが成されています。

大手の構造設計の案件を担当し東京周辺の建築設計事情をサポート

概要

会社名 有限会社ニュークリアーエンジニアリング
住所 〒110-0015
東京都台東区東上野2-2-3 ビルボ東上野ビル301
電話番号

03-3842-8838

03-3842-8838

FAX

03-3842-8848

03-3842-8848

代表取締役

佐藤 博昭

登録

一級建築士事務所 東京都知事登録第55708号
管理建築士 佐藤 博昭
資格 一級建築士・構造設計一級建築士

会社設立

1988年8月8日

資本金

800万円

従業員数

6名

アクセス

ベテランの建築士・技術者が在籍する一級建築士事務所として、これまで大手ゼネコンを含む多くの企業様から様々な構造設計をご依頼いただいてまいりました。今後もこれまでに培ってきた設計スキル・専門知識を駆使して一つひとつのご依頼に真摯に向き合い、建築事情に貢献できるよう、日々精進してまいります。

お電話・メールフォームにて随時お見積もりを承っております

耐震診断にも対応する一級建築士事務所として認知

建築構造の設計の業務は全体の建築設計の一分野であるため、他の分野を担当している建築士・技術者との協力関係が必要不可欠となってきます。全体の建築設計を考えるとき、建築構造の設計のほかに意匠設計・設備設計という分野があります。意匠設計は建物の外観や間取りをデザインし、設備設計は電気配線や上下水道といった生活を営む上での機能をデザインします。建物の骨組みのデザインを担当する建築構造の設計は、一級建築士の資格を取得していると幅の広い業務に対応できますが、近年制定された建築構造の設計に特化した一級建築士の資格を更に取得すると、より高度な建築構造デザインに携わることができます。事務所内にはこれらの資格を有するベテラン技術者が在籍し、日々より高度な建築構造デザインに取り組んでいます。

今後のコンピューターの発達を考えると、設計の仕事もコンピューターが代わりを務めるのではないかと思いを巡らせる方もいるかもしれませんが、建築構造デザインを含む建築設計の業務は基本的にヒューマンセンスがなければ務まらないといわれており、今後も実績を積んだ専門スキルを習得した技術者たちが任務を先導していく業務といえます。

建築構造の設計で建物の土台・骨組みをしっかりデザインすることで、地震・積雪・大風といった自然災害の被害にも耐えうる耐震性・耐久性を備えた建物を設計することができます。建物構造の設計では耐震性・耐久性の追求だけでなく、施工に掛かるコスト面にも配慮する必要があります。安全性・経済性を考えた上で最も理想的な建築構造をデザインしていく業務が建物構造の設計にとってメインファクターとなります。

構造設計の他に意匠設計・設備設計という分野があり、これら3つの総合的なバランスが成立して初めて全体の建築設計が成り立ちます。そのため、建築構造の設計の業務を進めるには他の2分野を担当している建築士・技術者と綿密に連携をとっていく必要があります。意匠設計は建物の外観・内観を、設備設計は生活に必要な機能・設備をデザインします。建物の骨組みをデザインする建築構造の設計は一級建築士の資格を持っていると業務の幅が広がりますが、近年制定された構造設計一級建築士の資格を更に取得すると、よりハイレベルな建築構造の設計に取り組むことができます。東京のベテランの一級建築士事務所として、こうした資格を取得した技術者が在籍しておりますので、東京周辺エリアのどのような建築構造の設計にも臨機応変に対応してまいります。